2017住宅講座「草屋根の家」講演会のご案内

講師の前田由利氏は、神戸の自宅兼事務所の「御影草屋根の家」をスタートにして、木造傾斜屋根の竣工実績が50件。「草屋根」とは、正しくは「緑化屋根」となりますが、より親しみやすくなるよう「草屋根」と呼ぶことにされたそうです。

申込等詳細はこちらから

今年も県産材を使った家づくりを応援する「とやまの木で家づくり支援事業」の募集を開始しましたのでご案内します

県では、県産材の適切な供給と利用の促進を図るため、今年度も県産材を使った家づくりを応援する「とやまの木で家づくり支援事業」の募集を開始しましたのでお知らせします。

対象は新築又は増改築される方で、助成金額は40万円まで、先着順で80棟程度となっています。

詳細及び申請申込みについては、こちらをご覧下さい。

改正宅建業法に対応した「既存住宅状況調査技術者講習」を開催します

国土交通省では空き家の増加に伴い既存住宅の安心な取引環境を整備し、流通市場の活性化を図るため、平成30年4月から既存住宅の売買時に依頼者の意向があれば「既存住宅の状況調査」を実施し、その結果を重要事項説明時に説明することになりました。

日本建築士会連合会では、この調査資格者を養成するため国土交通省よりこの講習の講習団体として認可を受け、全国で養成講習を実施することとなり、本県では本会が協力して下記のとおり講習会を開催することとなりました。

【新規講習】今年度は終了しました。来年度も開催いたします。

【移行講習】平成29年8月18日(金)13:10~17:50

受講料:17,280円(WEB申込は16,740円)
会場:富山県教育文化会館1階集会室

 

第34回住まいのリフォームコンクール 及び 第13回住まいのまちなみコンクールの応募作品を募集(終了)

(公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターでは住まいのリフォームコンクールとして、優れたリフォーム事例等を表彰しており、(一財)住宅生産振興財団等では、住まいのまちなみコンクールとして、魅力的な住まいのまちなみを育む活動等を表彰しています。

何れも現在、応募を受付中なので、優れた事例や活動があれば応募をお願いします。

申込み等詳細は、住まいのリフォームコンクールはこちらから、住まいのまちなみコンクールはこちらからお願いします。

女性委員会企画「平成29年度活動報告会+伝統工芸体験」(終了)

活動報告会を株式会社タニハタさんにて開催いたします。あわせて伝統工芸体験を企画いたしました。講師として株式会社タニハタ代表取締役社長の谷端信夫氏にご講演いただき、その後、工場見学、見学終了後組子体験を行います。伝統のものづくりをいっしょに楽しみましょう。

詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

会員はもちろん、会員以外の方も大歓迎です。

平成29年度「うるおい環境とやま賞」の募集をしてます

県では、建築物や土木施設、工作物等で景観づくりへの配慮や工夫が優れているものや積極的な景観づくりの取り組みを表彰する「うるおい環境とやま賞」の受賞候補を募集中です。締切りは6月30日で提出は(公社)富山県建築士会事務局までお願いします。

詳細についてはこちらをご覧下さい。また、応募用紙はこちらにあります。

こちらは県建築住宅課のホームページにリンク