改正宅建業法に対応した「既存住宅状況調査技術者講習」を開催します

国土交通省では空き家の増加に伴い既存住宅の安心な取引環境を整備し、流通市場の活性化を図るため、平成30年4月から既存住宅の売買時に依頼者の意向があれば「既存住宅の状況調査」を実施し、その結果を重要事項説明時に説明することになりました。

日本建築士会連合会では、この調査資格者を養成するため国土交通省よりこの講習の講習団体として認可を受け、全国で養成講習を実施することとなり、本県では本会が協力して下記のとおり講習会を開催することとなりました。

今回の講習は「新規講習」と「移行講習」の2種類があり詳細はこちらを、申込みはこちらをご覧下さい。

【新規講習】 平成29年7月20日(木)9:20~17:00

受講料:21,600円(WEB申込は21,060円)
会場:婦中ふれあい館2階大研修室

【移行講習】平成29年8月18日(金)13:10~17:50

受講料:17,280円(WEB申込は16,740円)
会場:富山県教育文化会館1階集会室