カテゴリー別アーカイブ: 支部情報

【案内】これからの高岡のまちづくり・食と文化と建築と

高岡ブロック青年部会合同講演会
高岡ブロックの青年部会合同の講演会が2月23日に開かれます。
Event 1 これからの高岡のまちづくり
 富山大学の横山先生の講演のあと、学生さんの発表もあります。
Event 2 食と文化と建築と
 女性部会主催で、スイスの建築と、ワイン、チーズを学びます。
 
高岡ブロック青年部会合同講演会
ぜひお申し込みください。
高岡ブロック青年部会合同講演会

建築士会 婦負支部青年・女性部 寺院等の視察研修会

富山県建築士会 青年部会小澤です。今回、私が所属しています、婦負支部青年・女性部の視察研修会に参加してきました。
毎年、交流を深める目的で婦負支部では、研修会を企画しています。
そして今回は、富山県上市町の寺院等の視察研修会を開催しました。
立山寺集合写真 
立山寺 トガ並木道
 眼目山 立山寺の入り口トガの並木道  
本堂まできれいに並んでいる樹齢約400年のトガの木、静かで神秘的な感じがしました。
30メートルもあるらしいですよ。
立山寺三門
立山寺入り口
立山寺三門2
三門
右の写真の三門は伝説の職人、左甚五郎作といわれているそうです。
大工さんの中では結構、有名なんですけど・・・
左甚五郎」皆さん知ってます?
住職さんの説明の後、本堂で、座禅の体験をしました。
立山寺本堂
立山寺本堂
立山寺座禅
20分位、座禅をしましたが足がしびれて痛くて大変でした。
お昼には、精進料理をいただきました。
立山寺 昼食
ご飯を一粒一粒最後までいただく作法は、今の日本に大切なことと思いました。
午後からは、同じ上市町の大岩山日石寺にいってきました。
日石寺三重塔
三重の塔
IMGP1339.jpg
三重の塔、本堂など見学してきました。中でも岩に彫った不動明王はすばらしかったです。
たくさんの建物を見学をすることができました。皆さんも一度行ってみては、いかがでしょうか?
そして最後に、滝打ち修行の体験をしてきました。
3月末でしたが、気温4度、雪も降っていました。
私は先月も視察に来たときに体験しましたが、今回も参加してしまいました。
IMGP1346.jpg
寒そうーでしょう。
IMGP1352.jpg
もっと寒そうでしょう。
IMGP1355.jpg
ほんとに寒かったです。本来は、1分から2分位打たれるのですが、30秒が限度でした。
もちろんこの後は、銭湯に直行しました。あまりにも体が冷えすぎていて、今度は、やけどをしそうになりました。 
皆さんお疲れ様でした。
最後は、速星駅前のもつ屋「おたふく」で懇親会をひらきました。
おいしいお酒も飲み、参加された皆さんと交流をはかれました。
今、日本は東日本大震災で大変な状況になっています。今年1年、身を引き締め今後のことを見つめ直す意味では、
大変いい経験ができたように思えます。
来年度も何か企画しますので、皆さん楽しみにしていてください。

砺波支部青年女性一泊研修旅行 ~2日目~

平成22年12月11日(土)、12日(日)の二日間に渡って行われました
「建築士会砺波支部青年女性一泊研修旅行」の続きです。
ホテルでは・・・
早朝の温泉でほっこほこになり、朝食をいただき、
しばしのオミアゲ購入タイム。
そしてチェックアウトを済ませ、2日目の研修旅行へ出発
2日目も元気いっぱいのメンバーです
IMG_5843.jpg
バスは「お菓子の城」を目指し、再び愛知県犬山市へと向かいます
お菓子の城は、竹田製菓が運営する愛知県犬山市にある観光施設で、
1986年(昭和61年)3月22日に開園したお菓子のテーマパークです。
建物は北海道庁をモチーフとしているそうです。
到着したら、すかさず記念撮影
(写真をクリックすると拡大できます)
IMG_5036.jpg
前日見た犬山城と打って変わって、洋風のお菓子の城をバックに。
マスコットキャラクターも一緒ですよ!
長島さんは「カレーパンマンや」と言っていましたが、
正しくは「スイートポテト王子」というらしいです
若干分かりづらいキャラ設定もご愛嬌。
ランチバイキングまでは時間があるので、内部見学タイム。
エントランスホールには高さ14.8メートル、世界一のシュガーケーキがそびえ立っています
IMG_5869.jpg
シュガーケーキを囲む吹抜けを見上げる。
IMG_5846.jpg
砂糖でできたバラがちりばめられたゲート。
なかなか手間がかかってますよ!
IMG_5850.jpg
IMG_5848.jpg
お菓子でできた世界の有名建築もありました。
●ノイシュヴァンシュタイン城
IMG_5851.jpg
●サグラダファミリア大聖堂
IMG_5853.jpg
結構細工が細かくてビックリです。
IMG_5855.jpg
●パルテノン神殿
ピンクはいかがなものかと・・・
でも、よくできていますね。
IMG_5857.jpg
お寿司もお菓子。
あっ、スイートポテトが混じっています。
IMG_05815.jpg
動物もいました。これもお菓子。
IMG_05821.jpg
お菓子の森に迷い込む荒井嫁。
IMG_05826.jpg
小澤さんファミリーはクッキーづくりに挑戦!
うまくできたのかな?
IMG_05819.jpg
シンデレラの魔法のサロンでは、南部さんの下の娘さんノアちゃんがお姫様に大変身
IMG_5867.jpg
可愛いですねぇ
パパはデレデレでした(笑)
さあ、お腹が減ってきたところでお昼です。
昼食はランチバイキングです。
皿に盛られた料理たち。
IMG_5870.jpg
パスタ、から揚げ、ポテト、カレー、サラダ、デザート各種・・・
子供の好きそうなメニューがいっぱい!
味覚がおこちゃまな荒井もがっつきます(笑)
家族仲良く食事する南部さんファミリー。
お姫様が混ざっていますよ
IMG_5871.jpg
デザートまでしっかり食べてお腹いっぱいです
というところで、お菓子の城を後にして、次の目的地
「明治村」に向かいました。
正式名称「博物館 明治村」は、明治時代の建物等を移築・復元し、当時の歴史や文化を
今日に伝えようとする野外博物館です。
公式HPより-
明治時代の建築を 保存するとともに 歴史資料を 収集・保存・管理する博物館として
明治村を運営公開することは、国民がここを訪れて明治の新しい形と 心を発見し、体験する
社会教育の場、またレクリェーションの場として 有意義であり、ひいては現代および将来の
国民生活の向上 並びに 文化の伝承と創造に寄与することが大きいと思われる。
素晴らしい考え方ですね。
歴史的な価値のある建物が、老朽化や維持費がかかるという理由で取り壊されたり、廃墟状態に
なっていたりという状況を度々目にすることがあります。
今は「登録文化財」という制度もありますので、国任せではなく、私たち建築士がそのような
建築を率先してすくい上げていかなければならない!と考えます。
住宅を含め建築には文化的側面もあるということを忘れてはいけない…と思うのです。
さて、明治村では各家族で別行動となりましたので、
私が気に入った建物をざっと紹介したいと思います。
(時間に限りがありましたので、限られた建物しか見られませんでしたが・・・)
これは小泉八雲の避暑の家。
明治村では駄菓子屋さんとして使われています。
IMG_5874.jpg
1・2階の軒高さ・・・とっても良いです♪
このまま持って帰りたくなるような愛らしい外観。
かなり気に入ってしまいました
金澤監獄のゲート。
IMG_5878.jpg
なかなか物騒な建物ですが、赤レンガの外観が何ともいえない存在感。
竪格子と、小屋組みのトラスが美しいこの建物・・・
IMG_5882.jpg
IMG_5885.jpg
実は監獄の雑居房なんです。
知らぬが仏・・・。
アーチ橋、木々の緑、青空・・・最高のコントラストです♪
IMG_5880.jpg
聖ザビエル天主堂。
IMG_5877.jpg
宣教師フランシスコ・ザビエルを記念して京都に建てられたもの。
竣工当初の外壁は煉瓦造でしたが、 移築に際し鉄筋コンクリートに変更されたそうで、
内部の木材は天井板を除いて欅(けやき)が用いられています。
IMG_5924.jpg
IMG_5830.jpg
ステンドグラスからの光が美しかったです。
宮津裁判所法廷。
IMG_5920.jpg
法廷なのにたくさんの窓。現在の法廷を考えると、ちょっと違和感があります。
天井の高さとハイサイドライトのバランスがすごくいいんです♪
鉄道寮新橋工場。
IMG_5927.jpg
工場のシンプルな機能美を感じました。
ブラジル移民住宅。
IMG_5928.jpg
外壁の真壁づくりは日本的ですが、屋根はスパニッシュ瓦。
でもそれが妙にマッチしている気がしました。
その飾り気のない立ち姿が心に強く残った建物でした。
食道楽のカフェ。
IMG_5934.jpg
明治時代の小説家・村井弦斎が著しベストセラーとなった恋愛小説「食道楽」の中で登場する
様々な料理を実際に食べることができるのだという・・・
すごく入りたかったのですが、時間がなくてダメでした。残念
IMG_5936.jpg
この低い軒のエントランスがいいんですよね~。
京都中井酒造。
IMG_5940.jpg
屋根のムクリが心憎い!
東松家住宅。(重要文化財)
IMG_5948.jpg
3層構造の木造の吹抜け。
木軸空間の美しさがよくあらわれた建物です。
2丁目レンガ通りの突き当たりにある、東山梨郡役所。(重要文化財)
IMG_5956.jpg
ドラマ「坂の上の雲」のロケ地になった建物です。
そして、私の中のメインイベントがこちら、「帝国ホテル中央玄関」です。
日本で見られる近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライト設計の数少ない建物のひとつです。
IMG_5889.jpg
この建物は、1919年(大正8年)9月に起工し、4年の歳月をかけて、 東京府東京市麹町区内幸町
(現:東京都千代田区)に建てられた帝国ホテル新館の中央玄関部分です。
設計者のライト(1867-1959)は、1916年(大正5年)12月に来日しますが、 工期の遅れや建築費の
増大等で、竣工前の1922年(大正11年)7月に解任され、 帰国してしまったそうです。
巨匠と言うのは様々な逸話を持っているもんですなぁ。
IMG_5891.jpg
IMG_5918.jpg
その生で見る外観は重厚かつ繊細。
現代の建築にはない、この建物にしかない質感がそこにはありました。
この建物に使ってあるレンガタイルはいはゆるレプリカ。
機械加工でINAXが製作したそうな。
実は当時のレンガタイルが使われいる場所がちょこっとあるんです。
それがこちらの柱。
IMG_5914.jpg
表面に彫ってあるくし目のような溝もすべて手作業だとのこと。
不均等な感じによって、レンガの質感がより強く伝わってくる気がします。
ちなみにタイルの厚みも当時のものの方が全然厚いんです。
タイルというには厚すぎるくらい。
ですからこのレンガタイルは張ってあるというよりも積んである感じですね。
また外観で印象的なのは水平に大きく張り出した庇。
IMG_5894.jpg
下から見上げ見ると空が見えます。
そう、これは雨を防ぐような庇ではなく、装飾の意味合いが強いものでした。
さぁ、中に入ってみましょう!
一番確認したかったのは、奥に見えるロビーの天井の高さ。
IMG_5895.jpg
IMG_5896.jpg
うーん、やっぱりナカナカの低さです。
それによって吹抜け部の開放感が強調されると共に、ロビースペースに
落ち着きを与えています。
しかし、この天井高さが活きているのは、ロビースペースの幅・奥行と吹抜け部分の
空間の比率などがすべて影響しあった絶妙の関係があるから。
それが建築の奥深いところです・・・。
ちなみに一番天井高が低いのはここ。
IMG_5899.jpg
この階段上に張り出したバルコニーのような部分の下が2100mmの天井高となっています。
でも狭苦しさは感じません。
いったん天井の低い部分をくぐらせてから天井の高い部屋へ人を入れる。
そうすることによって、連続する空間が単調な印象になりませんし、
建物自体が身体に近いものに感じられ、スケールアウトしないというか・・・
そんな意識操作を意図していたのではないでしょうか。
にしても、これは帝国ホテル。
この天井高の採用は勇気がいることのように思います。
ライトには確信があったのでしょうか。
IMG_5900.jpg
夜は柱部分の灯りがより映えて美しいらしいです。
お盆の時期だけ夜の営業をしているらしく、それが夜の帝国ホテルを体験できる
唯一のチャンスだとのこと。
みなさんも一度は浴衣を着て訪れてみては?
これはガイドさんの説明を受けているところ。
この建物専属のガイドさんがいらしゃって、15分ぐらいかけて案内してくれました。
IMG_5911.jpg
IMG_5105.jpg
ずーっと見たいと思いながら、なかなか見れなかった帝国ホテル。
思いが叶って大満足の荒井でした
最後に明治村の入り口でみんなで記念撮影
(写真をクリックすると拡大できます)
IMG_5128.jpg
これにて旅行メニューは終了。
一向はバスに乗り帰路に就いたのでした。
ざーっと2日間を振り返ってきましたが、
旅行に行ったみなさんは懐かしく思い出されましたでしょうか?
(まだ2週間も経っていませんが・・・)
また、残念ながら欠席された小山部会長は、少しは一緒に旅行した
気分になっていただけましたでしょうか?
この研修旅行では「家族間相互の交流」ということも大きな目的となっていたため、
極端に専門的な建築物見学に偏らず、私たち士会員だけなく、
その家族も充分に楽しめる良い旅行だったのではないでしょうか。
このような機会を設けてくださった砺波支部青年部会長の長島さん、そして旅行の間
忙しく動き回っていらしゃった同じく砺波支部青年部会の南部さんに対して
改めて感謝いたします。
ありがとうございました
荒井

砺波支部青年女性一泊研修旅行 ~1日目~

平成22年12月11日(土)、12日(日)の二日間に渡って、
建築士会砺波支部青年女性一泊研修旅行が行われました。
当青年部会(県青年部会)交流委員長の長島さんは、所属する砺波支部
において青年部会長を務めていらっしゃいます。
その関係もありまして、長島さんより私たちにも声を掛けていただき、
県青年部会より小澤さんと私荒井で参加してまいりました。
本当は小山部会長も参加される予定でしたが、仕事の関係で急遽不参加に。
小山さんが一番楽しみにされていたような感じだったのに本当に残念です・・・。
ということで小山部会長への報告も兼ねまして書き綴る事と致しましょう
当日の参加者は・・・
<砺波支部> 
長島さんファミリー(本人+奥さん+娘さん×2)
南部さんファミリー(本人+奥さん+娘さん×2+息子さん)
<女性部会>
中村さん
<県青年部会>
小澤さんファミリー(本人+奥さん+娘さん)
荒井ファミリー(本人+奥さん)
というような顔ぶれ。
そう、ご覧の通りこの旅行は家族参加多数となっておりまして、
事業趣旨として「家族参加による部会員に対する家族の協力意識の向上や家族間相互の交流」
を掲げている研修旅行なのでした。
さて、せっかくなので写真盛りだくさんで参りましょう♪
ということでブログは2部構成。
まずは1日目から!
みんなでバスに乗り込んで、「犬島」へ向けて出発
IMG_4929.jpg
この旅行を盛り上げてくれたのは、何と言っても子供たち
長島さん、南部さん、小澤さんのお子さん達は、みんないい子たちで元気いっぱい
行きのバスの中で、すぐに仲良くなってカラオケ大会
そのおかげで、大人も含めてみんな一気に仲良しムードに
バスは東海北陸道をひた走り、関SAにて昼食を済ませ、
13:00過ぎ頃に愛知県犬山市へ到着。
最初の目的は国宝4城のひとつ「犬山城」の見学。
駐車場に着くと、お城へ向けてみんなで徒歩移動です。
子供たちはワキアイアイとお城へ向けて歩いています
IMG_5786.jpg
途中で見かけた鳥居。
IMG_5769.jpg
同じ形態のフレームの連続・・・何だか惹かれてしまいます。
ながーい石段をのぼって行きます。
IMG_5771.jpg
まだ紅葉が見られました
IMG_5768.jpg
しばらくのぼると門が見えてきました。
IMG_5772.jpg
ここで入場券を購入し、お城へ向かいます。
いきなりどーんとお城があるのではなくて、このように様々な体験をしながら辿り着くと、
気持ちの高揚が徐々に増していき、ワクワク感が倍増。
その建物の価値自体もぐーんとアップするような気がします。
建築への「アプローチ空間」の重要性を改めて感じました。
門をくぐると、ついにお城が見えてきました!
IMG_5773.jpg
お城の周りの公園では、なんと桜が咲いていました
「桜と犬山城」というタイトルでパシャリ
IMG_5779.jpg
この桜は「四季桜」で、4月上旬頃と10月末頃の年二回開花するそうです。
紅葉と桜を同時に見られるなんて不思議な感じでした。
旅行と言えば記念撮影。
お城をバックにみんなでピース
IMG_4942.jpg
さて、いよいよお城に入って行きます・・・
急勾配の階段・模型・最上階からの眺めなどなど・・・ダイジェスト版でどうぞ!
(写真をクリックすると拡大できます)
2010-12-20.jpg
最上階4階の外部回廊(バルコニーのようなもの)から城下を見下ろすと城主の気分♪
IMG_05798.jpg
回廊の床は外に向かって斜めになっていて(水勾配?)、手すりも低く、結構怖かったです
IMG_5795.jpg
そういえば、長島さんが城が欲しいと言っていました。
いずれ「新・富山城」が建設されるやもしれません(笑)
頑張って年末ジャンボを当てましょう
この図は明治維新前の犬山城の様子。
IMG_5798.jpg
川沿いの小高い丘状地に築かれている様子がよく分かります。
ここでちょっと犬山城の沿革を。
犬山城は、天文6年(1537年)に織田信長の叔父にあたる織田与次郎信康によって造られました。
その後何代も城主が代わりましたが、関ヶ原の合戦の頃を中心に、城郭は整備されていきました。
江戸時代になり、尾張藩の付家老・成瀬隼人正正成が城主となってからは、成瀬家が代々うけついで
明治にいたりました。
明治4年(1871年)の廃藩置県で廃城となり、櫓や城門など天守閣を除く建物はほとんど取り壊され
てしまいました。
濃尾震災や伊勢台風で被害を受けましたが、その都度修理を行い、昭和10年「国宝」に、昭和27年
規則改正にともない改めて「国宝」に指定されました。
国宝4城(犬山城・彦根城・姫路城・松本城)のなかで最も古い城です。
ちなみに「白帝城」という別名の由来は・・・
木曽川沿いの丘上にある城の佇まいを長江流域の丘上にある白帝城を詠った李白の詩「早發白帝城」
(早に白帝城を発す)にちなんで荻生徂徠が命名したと伝えられています。
かなり急な階段、力強く美しい木組み、強固な基礎・土台などなど
木造天守閣をしっかり楽しみました♪
さて、次に向かったのは「有楽苑」。
一番の目的は「国宝茶室 如庵」です。
場所は名鉄犬山ホテルの敷地内ということで、犬山城から近いので、
みんなで歩いて向かいました。
如庵は、茶の湯の創世期に尾張の国が生んだ大茶匠・織田有楽斎が建てた茶室で、
昭和11年に国宝の指定をうけた茶道文化史上貴重な遺構です。
京都山崎妙喜庵内の待庵、大徳寺龍光院内の密庵とともに、現存する国宝茶席3名席の1つです。
織田有楽斎は信長の実弟として天文16年(1547)に生まれました。波瀾に富んだ人生を送った彼は
有楽の生涯を写すがごとく茶室如庵は各地を点々としましたが、昭和47年に犬山城下の佳境の地に
移築され、「有楽苑」と名付けられました。
入場券購入中に、小澤さんの娘さんみーちゃんはちょっと休憩。
IMG_5808.jpg
長島さん・南部さんの娘さんたちに妹のように可愛がられていました
黄色の長靴がファッションポイントなんです
入場券とお茶券を購入して、苑内へ向かいます。
趣のある砂利道が導いてくれます。
IMG_5807.jpg
砂利道沿いに見つけた草花たち。
(写真をクリックすると拡大できます)
ブログ用
茅葺屋根が立派な「岩栖門」が迎えてくれます。
IMG_5814.jpg
雁行する石の小道が空間に遊びと奥行を与えていると感じ、心惹かれました
IMG_05807.jpg
苑内では旧正伝院書院(重要文化財)など、有楽斎関連のたてものを見学。
(建物内部は平常非公開となっており残念・・・)
(写真をクリックすると拡大できます)
ブログ用2
そして、いよいよ「如庵」へ辿り着きました。
しばしその佇まいに見とれていました。
(写真をクリックすると拡大できます)
ブログ用3
一番印象深かったのは、地面から軒先までの高さ寸法。
訪れる人を、優しくも品良く招き入れるような、極めて身体的な寸法。
測ってみると2,100mm。
うーん、いいですね。
竹の雨どいが良い味を出していました。
竹がもう少し古美ていれば良かったかな?
IMG_5828.jpg
こどもの城に付けたいなぁ(笑)
しかし残念だったのは、内部は撮影禁止&入場禁止だったこと・・・。
茶室は中に入って、その天井高さや仕上げ、障子から入ってくる淡い自然光などを
体感しないと、本当の良さは分からないと思いますので・・・
そして最後に、お茶いただきに「元庵」という茶室へ。
「元庵」は、有楽斎が大阪天満に屋敷を構えていたころに建てられた茶室を古図に従って
復元新築したものです。この茶室もかつては如庵と呼ばれていたもので、元庵の名は新たに
表千家13代家元即中斎宗匠によって命名されたものです。
三畳台目の茶室内部は奥に深い間取りで、亭主床と呼ばれる床構えになっています。
薄暗くも趣のある明かりの中でおいしい茶菓子とお茶をいただきました
IMG_5029.jpg
IMG_5838.jpg
いつもおそろいの服で仲良しの長島姉妹です。
お茶はちょっと苦かったかな?
ここでは掲載してない茶菓子などの良い写真が、旅行をご一緒した女性部会の中村さんのHP
に掲載されていますので、是非ご覧下さいませ。→こちらからどうぞ
数々の建築を堪能した一行は、宿泊先「長良川温泉ホテルパーク」を目指して
来た道を岐阜県へ向けて戻ります。
ホテルについたのは17:30頃。
建物は長良川沿いに建ち、露天風呂からはライトアップされた岐阜城が眺められると言う
なんとも素晴らしい立地でした。
食事まで時間があったので、すかさず温泉へ!
気持ちよーくなった後はみんなで食事です。
海の幸・山の幸ありの食事もとてもおいしかったですよ
小澤さんの差し入れ「サス昆布絞め」もとっても美味しかったです♪
砺波の方では「ザス」というそうです(長島さん談)
呉東の方、ご存知でしたか?
さてさて、子供たちと長島さんが暴れまわっているという何とも楽しく賑やかな
宴会も終了し、その後はゆっくりと部屋飲み。
ゆったりとした時間が流れ、夜は更けていったのでした・・・。
翌朝の6時頃にお風呂に入りに行ったのですが、露天風呂からは
明け方の山の稜線が非常に美しく見えました。
なんとも贅沢なひとときでした。
実は、ホテルでの写真が一枚もありません。
すっかりクツロギモードになってしまっていたようです・・・
ということで非常に盛りだくさんの一日目は終了。
二日目へ続きます・・・。
荒井

全国大会佐賀大会参加と周辺建築見学ツアー参加者募集

(社)富山県建築士会高岡支部からのお知らせ
『 全国大会佐賀大会参加と周辺建築見学ツアー参加者募集 』
◇ 日時:平成22年10月21日(木) 6:00~23日(日) 18:00 2泊3日
◇ 会場:全国大会会場佐賀市文化会館  他佐賀、福岡県等建築見学予定
◇ 参加者:(社)富山県建築士会会員及びその家族(全支部)
◇ 申し込み期限;7/22(木) 先着10名定員
◇ 参加費:70,000円~75,000円(予定)交通費・宿泊費込 当日現金徴収
◇ 内  容:(見学先案)
 ・佐賀県体育館(市村記念体育館) 坂倉準三氏 設計
 ・副島病院 手塚貴晴+手塚由比/手塚建築研究所 設計
 ・大隈記念館 今井兼次氏 設計 
 ・福岡市立博多小学校 工藤和美+堀場弘/シーラカンスS&H 設計
 ・ホテル・イル・パラッツオ アルド・ロッシ氏 設計
 ・河庄 吉村順三氏 設計
 ・アイランドシティ中央公園中核施設「ぐりんぐりん」 伊東豊雄氏 設計
  他 随時修正追加していきます。
◇お問合せ先:高岡支部総務 空創建築計画事務所内
       担当:林 芳宏 TEL:0766-21-8542 FAX0766-30-4370 info@ku-so.com
 氏名、住所、連絡先TEL/FAXを記入して上記までお申し込みください。
 (直前のキャンセルはキャンセル料がかかる場合があります)
 申し込みいただいた方に乗車場所・時間など詳しい情報を後日お知らせします。
(社)日本建築士会連合会HP
第53回建築士会全国大会「佐賀大会」のご案内