一級建築士試験製図課題の見学会

一級建築士の試験合格を目指す受験者は、毎日、仕事に勉強に必死に頑張ってます!

将来、仲間になるであろう受験者をサポートしたいという思いから、製図課題の見学会を開催しました(^^)V

何と言っても、図面を書くには、実際の建物を見ることが一番!

さてさて、今年度の製図課題は「市街地に建つデイサービス付き高齢者向け集合住宅」

まずは、参加者を募集するためにチラシを作成( ..)φ(青年委員会デザイナー高畑氏が作成。さすがです!)

えっ!パクってなんかいませんよ(笑)

チラシ

チラシの効果もあってか、定員30名もあっという間に到達。受験生のやる気も十分(*^^)v

≪そして、当日≫

まずは、富山市グランドプラザに集合して、最初の見学先「高齢者向け集合住宅(たけしま)」へ

IMG_7189 IMG_7194

講師は、青年委員の伊田さんと青野さんが担当

IMG_7204 IMG_7211

高齢者が集うレクリエーションルームや浴室廻りなど、デイサービスの計画上ポイントを解説します。

IMG_7244

設備の部分もしっかりと解説します。

青野さんの解説はとてもわかりやすく、参加者はみんな青野ワールドに引き込まれています(^^)

高齢者向け集合住宅(たけしま)の見学の後は、滑川市民交流プラザへ移動。

IMG_7282

ここでは「免震構造」を見学。建築士会青年委員も見たことがなく、みんなワクワク(*^_^*)

講師は、この建物を設計された三四五建築研究所の構造一級建築士の飯倉さん。

私も解説に耳を傾けます。

IMG_7263

免震構造は、外周部も計画の重要なポイント!

IMG_7266 IMG_7268

建物の可動範囲として、クリアランスが取られており、植栽で隠されています。

よく見ると、植栽の先に隙間が見えます(@_@)

次はいよいよ、免震装置を見学。

タラップで地下に降りていきます。普段、見ることができない場所だけにドキドキ。

IMG_7271 IMG_7277

これが免震装置(積層ゴム)。ゴムが左右に動くことで地震の揺れを建物に伝えないようにします。

IMG_7281

また、配管にも建物の動きに追従できるようにフレキシブルな部分が設けられています。

最後は、受験者の質問や悩みを私たち先輩方がお答えします!

IMG_7288 IMG_7293

今日の見学先を写真で振り返りながら、質問の受け答え。

最近は記述式の採点割合が高いため、設備や構造の質問がたくさん出ました。

その他、先輩方から成功のためのテクニックや失敗談もお話しさせてもらいました。

見学会の締めとして、小澤委員長より激励を込めた挨拶。

IMG_7298

今回の参加者から多くの合格者が出ること間違いなし!むしろ、100%の合格を祈ります。

皆さん!あと少し頑張れー(@^^)/~~~ 「絶対に合格できる!!」

山崎

住育普及事業~鈑金レリーフづくり~

今年も開催しました!板金レリーフづくり!

IMG_7164

毎年この時期に開催している、公益社団法人富山県建築士会青年委員会の住育普及事業です。「人を育む住まい」をテーマに、建築士の活動を社会にPRする事業ですが、夏休みの自由研究や家族でのコミュニケーションの場として沢山の方に参加していただいています。

昨年と同じく、富山市ファミリーパークの自然体験センター内体験学習ホールを使用し富山県建築組合連合会青年部の皆様と合同開催させていただきました。

IMG_7181

手前:建築組合さんは本棚・イスの制作を子どもたちとしています。
奥側:板金レリーフづくり

IMG_7160

 

皆さん、黙々と銅板を堀込んでいます。

IMG_7165

事業担当の徳舛委員。準備お疲れ様でした。

IMG_7175

もう一人の事業担当の野上さん。

IMG_7159

子どもたち、自ら制作しています。

IMG_7155

最後の仕上げは、鈑金組合さんにお願いします。今年も助っ人に駆けつけてくれました。吉岡さん(左)と檜木さん(右)。職人の技が輝ります!

『建築士会では建築技能者団体との交流も頻繁に行いながら、互いにコミュニケーションを図り、専門知識や専門技術をつけるとともに、人脈を構築しています。』

IMG_7183

上手にできました!今、話題のカープ男子!?兄弟で参加してくれました!ありがとうございます。

来年も継続して事業を開催する予定です。皆様、お気軽に参加してくださいね。夏休みの自由研究に、もってこい!?お待ちしています。

 

おまけの1枚

IMG_7171

この3人は・・・・!!!!!!

左の方は今年度(平成26・27年)富山県建築士会青年委員会の小澤高夫委員長
右の方は前年度(平成24・25年)富山県建築士会青年部の部長の野村和則部長
この流れでいくと・・・
真ん中の方は次年度委員長?岡崎光晴さん!タミヤマークが光っています!

公益社団法人富山県建築士会青年委員会:徳舛一博 野上理衣

 

とやま「建築志」のつどい

富山県民会館にて建築志のつどいが行われました。2015-06-27 17.15.50

建築志は誤字ではなく、資格に関わらず建築の仕事に対して「志」のある人たちのつどいなのでこの字を使っています。

ひとえに建築志といってもいろいろな業務を行っています。それぞれ志をもった仲間としてお互いの業務の情報を発信しあうことによって個々の仕事にプラスになったと思います。

懇親会にてさらに情報交換できました。2015-06-27 17.15.09

 

 

2015-06-27 20.35.03

新建築士【志】歓迎会~これからの活躍が期待される新たな建築志たちへ~

1級建築士免許伝達式の後、新建築士とともにランチ(昼食)を取りながら、コミュニケーションをはかりました。青年委員会からのおもてなしは新建築士の皆様に伝わったかな?

場所はリニューアルオープンした富山県民会館です。館内はとても綺麗になっていました。
詳しはこちら・・・・富山県民会館HP

開会は12:30からです。11:30から、青年員会のメンバーが集合し準備万端です。

IMG_5984
小澤委員長、牧野委員、野上委員受付頑張っています。

本日の司会は青年委員会の一杉委員。ちょっと緊張しています。

IMG_6002

開会の挨拶は公益社団法人富山県建築士会 中野会長です。

IMG_5990

建築士会の職域はとても広い。設計士もいれば、大工、板金、住宅基礎など様々な職人がいるため、互いの関係を深め、自身の形成に役立てて欲しい。とのお言葉をいただき、ランチ懇親会の始まりです。

IMG_5993 IMG_5997

 

ランチは富山県建築士会青年委員会のメンバーと新建築士が混ざり合って懇親を深めました。野村前委員長のテーブル(左)盛り上がっていますね!

ランチの後は全員で講習会です。第二部は13:30~始まりました。

IMG_6005 IMG_6008

講習内容は「法改正ならびに確認申請業務のポイント」と題して、一般社団法人富山県建築住宅センターの検査第二課長 四宮哲様(左)に改正建築基準法(平成27年6月1日施工)の主な改正内容と建築確認申請の要点を学びました。確認申請の記載内容は参考図面を確認しながら教えていただきとても分かりやすく理解できる内容でした。

講習後には、カーポートの申請についての質問、大きな建物も富山県建築住宅センターでも対応していただけるのか?適合判定についての近隣の情報を教えて欲しいなど、様々な質問が出ましたが、全てに四宮様からご回答をいただきました。

IMG_6014IMG_6054

中野会長からも質問が上がりました。ルート2・・・右はカーポートの確認申請の質問をする室谷委員です。

建築士会に入会すると、リアルな質問をその場で聞ける後援会や勉強会があります。5月20日、建築基準法の改正講習、7月に建築士法の改正講習を本会にて開催予定です。建築士会員以外の方も参加できますのでお友達、お仲間をお誘いの上ご参加下さい。会員のみな様はホットライン、HP等でご確認下さい。

IMG_6019

講演会(勉強会)の後は入会ガイダンスとしまして、グループディスカッション(座談会)を行いました。2つのテーマのもと3つのグループに分かれて、日頃の悩みや想いを共有しました。座談会のスタートは小澤青年委員長より建築士の魅力と建築士会について説明をいただきました。また、CPDの活用法も教えていただきました。

IMG_6023

新建築士の皆様に説明する小澤高夫青年委員長。

2級・1級建築士合格おめでとうございます。建築士会を利用、活用してください。
建築士の魅力とは※現在準備中
建築士会とは※現在準備中
CPDとは※現在準備中

座談会の様子
IMG_6027 IMG_6028

 

 

IMG_6031
座談会では新建築士の皆様の目標や建築士会の不安や疑問などをグループ内でディスカッションを行いました。今回の座談会の意見交換内容は下記の通りです。
テーマ1:建築士としての目標
・自分が建てた建物を通して施主様の思いを形にしたい。
・既存の建物を再生させたい。
・信頼を得たい。→部下や施主様、建築士に。
・最新情報が欲しい。
・中身が伴う建築士になりたい。
・身近な建築の専門ななりたい。
・設計、施工の信頼が欲しい。
・本当のスタンダードになりたい。標準はどこ?
・ものづくりのプロになりたい。

テーマ:2建築士会に望むこと
・建築士会の敷居が高い。イメージが硬い。
・仕事以外の横の繋がりが欲しい。
・発言力のある団体になってほしい。-行政や地域などに。
・見学会の開催。同業者の完成見学会などを見てみたい。
・いろんな分野の仕事をみたい、知りたい。
・意見交換。→わからないことがわからない自分がいるので、座談会に参加したい。
・建築士会がよくわからないので教えて欲しい。

皆様の声の中にあるように仕事以外の繋がりや建築士のブラッシュアップのための意見交換を求めることは会員の中にもある意見です。私たちも建築士会に入会するまで、敷居が高い、何をする団体なのか不安がありました。 しかし、入会後、ライバルである仲間も先輩も仕事の壁を超えていろんな相談にのってくれます。また、法律はどんどんかわり、少し前の常識が非常識になり建築士に求められる責任も重くなってきてます。だからこそ、お客様、施主様のために建築士同士助け合い、情報を共有する必要を感じています。これらのことから、富山県建築士会青年員会では月に一回座談会を開催し、皆様と建物についての悩み事を共有し、仕事以外の横の繋がりを増やしています。中野会長のお話にもあったように、建築士会には様々な職種の方が入会されており建物のプロフェッショナルの団体である事は間違いありません。建築士会の仲間と情報を共有し 「人とのつながりを力に、変わりゆく時代を越えてゆく建築志」になりませんか?

ご興味ある方はいつでも座談会にご参加ください。 建築士じゃなくても参加OKです。              お問いわせ先:富山県建築士会青年委員会 k.tko@knei.jp までよろしくお願いいたします。

閉会の挨拶は公益社団法人富山県建築士会、林副会長です。

IMG_6051 IMG_6052

林副会長の閉会の挨拶:我々はライバルであるが、建築士の品位の保持及びその業務の進歩改善に資するために、互いに情報を共有し、助けあいましょう。

最後に・・・

今回の事業に参加してあらためて、沢山の業種の方がいると思いました。参加者の業種は下記の通りです。

公務員
設計事務所
工務店(新築、リフォーム)
アルミサッシメーカー
建築設備設計・施工・管理
材木問屋
輸入住宅設計・施工
鉄骨建物設計・施工
ハウスメーカー
住宅検査
住宅リフォーム
建物リフォーム
住宅基礎
地盤調査
地盤改良
造成、外構

沢山の仲間と出逢い、お客様・施主様のためにより良い建築物を建てたいと再認識した一日でした。ありがとうございました。

IMG_6038

記:富山県建築士会青年員会 奥井良樹

建築技能者連携研修事業

~一般社団法人富山県建築組合連合会青年部協議会との意見交換ディスカッション~

日時:平成26年12月13日(土)15:30~17:30 会場:サンシップ501号室

建築技能者連携研修事業は今年で4回目となる事業です。今まで、瓦組合さん、板金組合さんとの技術連携研修をおこない、互いのスキルUP や交流を深めてまいりました。今年度は建築組合さんとの意見交互ディスカッションを行いました。日頃から気になっていた事や技術的に学びたい事を討論し、意見がぶつかる場面もありましたが、設計側と施工側の立場は違えど、建築に対する思いやお客様への思いは一緒であり、互いの距離が縮まった研修事業でした。

写真 1

 

写真 2

富山県建築士会小澤青年委員長の挨拶

写真 1

富山県建築組合連合会青年部協議会会長藤岡さんからの熱いメッセージ

写真 2

ディスカッションの内容(抜粋)

Q:よい設計士になるためには?よい大工になるためには?

A:とにかく建築が好きであること。割に合わない仕事だから。ただし、好きなのは自分だけ。家族には理解してもらえないかも。

Q:他の大工・設計士の仕事のどこを見る?

A:大工 収まり、仕上がり・荒さがし(笑)

A:設計 間取り・デザイン・構造(無駄がないか)・どんな材料

Q:よりよい建築を作るための大工と建築士の関係は?

A:互いに思いやる。安い仕事に良い仕事はない。おかしいところはしっかり指摘しあう。→信頼。誠意をもって互いに前を向く必要がある。互いの立場を尊重。お客さんのために責任を持つために協力する関係。プレカットであっても大工によって仕上がりは変わる。

 

 

 

写真 4

 

真剣な眼差しの室谷委員

写真 1

 

閉会の挨拶は、野村直前委員長

 

あっという間の2時間でした。事前に取りまとめていた質疑も全部ディスカッションすることができず、更に時間もオーバーしましたが、本音でのディスカッションはとても有意義な時間でした。(ここに、あげれない内容も沢山ありました笑)

技術も大事ですが、建築に対する思いがとても重要であると学んだ時間でした。家造りは様々な業種がかかわり、形になります。今度は家づくりに携わる職人さん一同とディスカッションしてみたいと思った奥井でした。

公益社団法人富山県建築士会青年委員会 奥井良樹