カテゴリー別アーカイブ: 見学会

会員訪問事業 富源商事㈱鉄鋼二次加工センター見学会

3月19日(土)14:00~ 平成27年度 富山支部賛助会員訪問事業として、
今回は高岡市の富源商事㈱本社鉄鋼二次加工センター見学会を企画しました。
建築士会会員及び一般の方も含め19名の方の参加を頂きました。

IMG_1142

 

富山支部 山本支部長よりご挨拶。

 

 

 

 

IMG_1145

 

富源商事㈱ 松永社長よりご挨拶。

 

 

 

 

12821334_645653628909345_2934453521820254379_n
最初に、
金属屋根の歴史、鋼板のめっき技術の進化、
鋼板製品のメンテナンスについて学びました。

富源商事鉄鋼二次加工センター

富源商事鉄鋼二次加工センター

いよいよ、鉄鋼二次加工センターに移動し、工場見学の開始です。
まず、薄板材(0.4㎜以下)を用いた角波・立平の成型過程の見学から。
アンコイラ
アンコイラーという機械にコイルを掛け、
切断機を使って長さ及び巾切りの
加工を行います。

 

 

 

1935633_1028531357221102_3302795743933205789_n

 

切断された材料を成型機に入れ、
機械の中にあるコマを通ることで
少しずつ形になっていきます。
「ロールフォーミング加工」

 

IMG_1156
角波材に加工
IMG_1159立平材に加工

次に厚板材(0.6㎜以上)を用いた「折板材」への加工状況の見学です。
10302018_645653715576003_3412718381651193123_n

 

 

 

 

アンコイラーにセットされた鉄板と裏張り材を機械にかけて
接着し貼り合わせます。

IMG_1167

鋼板と裏張り材を貼り合わせ、折板の成型機に通します。
IMG_1168

貼り合わされた材料が成型機を通って出てきます。
10154019_645653738909334_6541722652641459658_n

裏張り材付き折板の成型完了です。
IMG_1171・普段は、工場から出荷され板金屋さんの手で施工される前か、施工完了した状態で見る事が多い
鋼板製品ですが、今回の見学で、鋼板からのロールフォーミング成型加工を経て、
出荷されるまでの過程を見る事により鋼板製品に対する理解が深まったと思います。
本見学会を開催するににあたり、ご協力いただいた皆様に厚くお礼申し上げます。

来年度も、賛助会員の協力により訪問事業を継続して実施する予定です。
皆様のご参加をお待ちしております。

(Y.T)

 

平成27年富山支部研修見学会

「金沢の現代建築・100万石の庭園を見学+加賀料理を味わう半日」

平成27年10月30日(金)『富山支部県外研修見学会を、建築士会全国大会に合わせ、北陸新幹線の開通で、国内外より多くの観光客が押し寄せている金沢へ。

今回は、「金沢の現代建築・100万石の庭園を見学+加賀料理を味わう半日」をテーマに、五感フル活用の見学会を行いました。尚、今回の見学会には、砺波支部の皆さんもご参加いただき、富山支部(12名参加)と砺波支部(15名参加)計27名の合同見学会となりました。
また、今回は午後からの全国大会参加に合わせての、少しあわただしいスケジュールの中、現代建築見学は2011年に開館の「金沢海みらい図書館」(シーラカンスK&H(株)設計監理)中部建築賞入賞  イメージ ギャラリー(国際インテリアデザイン協会)・2015年日本建築学会作品選奨受賞等数々の賞を受賞した図書館の見学に、
その後、金沢市指定文化財の「辻家庭園」へ。今まで一般公開されてなく、2013年12月に新たに、結婚式場を併設して、初めて公開された庭園、建物で、今回特別に辻家当主が案内していただけました。ここの作庭は椿山荘等などの作庭師7代目、小川治兵衛が行い、富士の溶岩で積まれた大滝や渓谷を模した地形を成す部分は作庭当時からの姿のままで、高さ5.5mの大滝は、富士の溶岩を鉄筋コンクリート造で固めた崩れ石積の手法で造られており、近代以降の新技術を用いた初期の秀作事例として極めて貴重なものだそうです。この庭が英国風自然庭園であること、金沢の文化が受け継がれてきているのは、ひとえに横山家があったからだ等、意外な金沢の文化継承を知ることができました。「辻家庭園」内の結婚式場
「辻家庭園」内の結婚式場辻家庭園(国指定登録有形文化財)
辻家庭園(国指定登録有形文化財

その後、江戸期の西田家庭園「玉泉園」にて、昼食加賀懐石料理を庭をめでながら、今回ご参加下さった砺波支部の方々との交流会もかね、皆さん食も(酒も)話も弾んで楽しんでいただけたようです。
(小泉 美江子)

秋の高山で感じる北欧&日本文化再発見

平成26年11月1日 本年度富山支部バス見学会(公益事業)
「秋の高山で感じる北欧&日本文化再発見」
フィン・ユールの家具と建築、飛騨の家具の見学のご報告です。

さわやかな秋の1日とはいかず、残念ながら雨に降られ(雨男・雨女は誰??)、肌寒い1日でしたが朝早くから19名の方々の参加を頂き、41号線をバスは走り紅葉を愛で?ながら 、一路高山フィン・ユール邸の建つ、(株)キタニへと向かいました。昼近くに到着後キタニのスタッフより簡単な説明を受けた後、フィン・ユール邸の見学へ・・(本当の自邸はフィン・ユールが1942年にデザインし、名作住宅としてデンマークでは保存され、一般公開されています)

141101建築士会・高山 (53)

 

 

 

 

 

 

 

ここは、デザインにおける代表的な人物の自邸を、北欧文化の探究を続けているキタニが、ゆとりある生活を大切にする北欧文化、自然とともにゆったり暮らせるデザインを大切にしていた北欧を代表するデザイナー、 フィン・ユールの自邸から、北欧の文化を学ぶとともに、改めて日本の文化を再確認する、そんな施設造りを目指し「NPO法人フィン・ユール アート・ミュージアムクラブ」を設立し、この高山のキタニ敷地内に建てたそうです。

141101建築士会・高山 (5)

141101建築士会・高山 (8)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この、忠実に再現された自邸では、フィン・ユールの家具や建築、空間デザインに対するこだわりなどと共に、北欧文化の空間を楽しむ、色彩・光・ちょっとした遊び等々、を存分に堪能することができました。とともに、(株)キタニでは北欧家具のライセンス契約で製作過程を見ることはできませんでしたが、山並みが一望できる素晴らしいショールームで、多くの北欧家具に触れることができました。

141101建築士会・高山 (61)

 

 

 

 

 

 

 

141101建築士会・高山 (63)

 

 

 

 

 

 

 

その後、高山市内で各自昼食及び散策を(土曜日とあってたくさんの観光客であふれていましたと共に、円安の影響?でしょうか、外国の方も多かった)・・・
その後、飛騨の家具職人たちの技術及び伝統技術の保存修理を学ぶべく、地元飛騨家具メーカーの一つ日進木工(株)の見学会を行ない、飛騨の家具の特徴でもある、曲木家具の製作過程を日進木工(株)の専務様などの説明により工場見学をさせて頂きました。

141101建築士会・高山 (93)

 

 

 

 

 

 

 

141101建築士会・高山 (104)

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者の方の感想を。

「高山フィンユールツアー楽しかったです。太平洋戦争の時代にあれだけ完成された住宅と家具が
出来ていたということに改めてヨーロッパの歴史の力とモダニズムを感じました。
もう一つは参加者の多様性というか、女性の感性に感心しました。
こういう女性の企画はいつもと違った参加者を呼ぶということに改めて気づかされました。」
M・Y

「私にとって初めての家具工場の見学。一つ一つの工程に、自分も製作に携わってみたいと、
そんな気持ちがしました。家具は愛着もって、長く使いたいですね。」
M・K

「久しぶりのバスツアー、新しい人との出会いに感謝、とても心が躍りました。住宅設計に
携わる者として、今回の企画では、学ぶところが多々あり、とても有意義な体験が出来ました。
家具工房のショールームや工場の見学、そして、高山の自然や街並みの素晴らしさを
再発見する事が出来・・・・・改めて、木という自然素材に温もりを感じ、魅せられました。」
H・M

「フィン・ユール邸は、部屋と部屋・部屋と庭とのつながり、開口部の取り方、各部の配色や
しつらえ、すべてにとても居心地のよさを感じました。日進木工では、材料の管理から製品加工、リペアの様子までを見せていただき、ひとつ丁寧に作られている様子がわかりました。」
M・I

「小雨に煙る瀟洒な住宅の小窓から望む、霧に包まれてしっとりとした紅葉・・・
フィン・ユールが、この地に建築されることを想定して設計した住宅のようでした。
また、材料の段階から吟味して丁寧に加工組立てをして、伝統建築の復元作業に
携わる職人達はこれからも残ってほしいと思います。」
S・T

 

今回の見学会は、感想の中にも書いていただきましたが、どちらかというと、男性目線ではなく、女性目線でデザイン性を主とした見学会にしたためなのか、いつも参加者は男性が多いのですが
今回はいつもと様子が違い、男性・女性半々の参加でちょっと新鮮さを感じました。

今回忙しい中計画から準備迄していただいた研修委員の方々及び、
ご参加頂きました皆様に感謝申し上げます。

研修委員 小泉