「改正業務報酬基準説明会」(終了)

国土交通省では、近年、建築物の設計業務及び工事監理業務が多様化・複雑化していることや、発注者の要求水準が高まったこと等に伴い、建築士が業務に応じた適正な報酬を得ることができるよう、従来の報酬基準(告示第15号)が改正されました。

このことについて広く周知を図るため、国土交通省のご協力を得てDVDによる説明会を開催することとしました。

この説明会の申込等詳細はこちらから