インテリアデザインセミナーレポート

2021年3月5日(金)ウイングウイング高岡研修室501にて本年度2つ目にして最後の事業であるインテリアデザインセミナーを開催しました。講師は日本大学芸術学部教授 桑原淳司氏 演題は「遊具と遊びのデザイン」これまで全国各地で遊具の設計に関わってこられた桑原氏の建築と人と空間をつなぐための遊具に対する考えをお聞きした。こどもの五感からこども達の社会性を育むという目的は遊具の果たす重要な役割だと知った。実施作の紹介では富山県ではおなじみの「こども未来館」の遊具で説明書きなどが無くてもこどもたちは同じように遊具を使いこなすそうだ。活き活きと遊具を遊び回るこどもたちの姿に遊具の果たす役割の重要性を感じた。

セミナーの後半は今回のセミナーの共催でもある株式会社岡部さんによる遊具の安全基準についての解説と実施作の紹介でした。これまで遊具の安全基準には知見がなかったが大変参考になった。

今回も会場と同時にWEBセミナーを開催した。WEB参加が30名、会場参加が20名であった。石川高等専門学校の生徒さんは会場参加やWEB参加していただいた。高岡工芸高校の生徒さんたちはWEB参加してくださった。建築士会の会員もWEB参加していただいた方も多かったが、放映のための機器の設営には特殊な知識が必要なため、開始時間に間に合わせるには苦労が多い。素早い設営には課題が多い。しかしながら今後もWEBでの視聴はスタンダードとなるであろうから課題を解決していかなねばならない。

建築士技術向上セミナー 「板金の納まりと現場事例」 レポート

2/20(土)9:30よりウイングウイング高岡研修室503にて高岡支部としては令和2年度初の事業である建築士技術向上セミナーを開催しました。タイトルは「板金の納まりと現場事例」板金工事の割合が増える昨今ですが、知識不足やデザイン優先が原因で雨漏りの事例が多いと聞く。そこで現場を知る板金職人さんに雨漏りが起きやすい納まりや場所などについて聞いた上で対策についてのアドバイスも頂いた。今回は富源商事株式会社の担当者と富山県板金工業組合高岡支部の方が今回のセミナーの資料を作成してくださいました。屋根材の劣化が原因の場合の多いのですが納まりの悪さで雨漏りも多い。雨漏りが起きた際の調査の方法も学んだ。雨漏りが起きやすい場所として「谷」の部分とのこと。想像はしていたが、原因や現象についての詳細を学んだ。また、近年増えつつあるのが風による破損事故だが、これも対策を学んだ。さらに、今年は特に目立った雪による破損事故だが、しっかりした根拠を元に対策をすることを改めて認識した。

今回のセミナーは会場での受講と同時に初めてのWEBセミナーを試してみた。初めての設置は不慣れなために少し時間を要したがなんとか無事に放映できたようだ。不備な点などは今後対策を検討して改善できればと考えている。

板金の納まりと現場事例

近年、屋根・外壁を板金仕上げとすることが多くなりました。軽快でミニマルなデザインを実現できる一方で設計者の知識不足などで漏水等の事故も増えている。

板金職人さんに現場での実例を学び今後の設計に活かせる知識を習得するセミナーを企画しました。

また、鋼板メーカーさんからも近年の鋼板についてのレクチャーもあります。

WEBでの放映もありますのでぜひご参加ください。技術講習会チラシ申請用

チラシ閲覧用

インテリア・デザインセミナー延期の日程を決めました。

ご案内しました「インテリアデザインセミナー延期」について延期の日程を決めましたのでお知らせします。すでにお申し込み頂いた方には改めてお詫び申し上げます。

3月5日(金)の18:30よりウイングウイング高岡にて開催いたします。

WEBでの視聴もできますのでたくさんの方のご参加をお待ちしています。

CPDの単位も取得できます。下記の「インテリアデザインセミナー延期のチラシを開く」リンクをクリックするとチラシが別ページで開きますのでご確認ください。

インテリアデザインセミナー延期のチラシを開く

インテリアデザインセミナー2020開催延期のお知らせ

令和3年1月15日(金)18:30よりウイング・ウイング高岡で開催予定のインテリアデザインセミナー2020を延期いたします。1月7日に首都圏に出されたた緊急事態宣言を受け、講師を東京からお迎えすることが困難との判断と、1月7日から富山県での多雪の状況を踏まえての判断としました。開催一週間前の急な延期についてこの場にてお詫び申し上げます。なお、開催時期は3月上旬を予定していますので決まり次第お知らせいたします。

今後とも(公社)富山県建築士会高岡支部へのご支援をよろしくお願いいたします。