伝統工芸体験の感想を頂きました!

5月に行った伝統工芸体験に一般参加してくださった新村さんから、感想が届きました。

楽しんで頂けたようでとても嬉しいです。

次回の企画にも沢山のご参加をお待ちしています。

 

~螺鈿細工体験を振り返って~

新村真弓

友人の酒井さんのお声かけにより、建築とは全く関係のない私ですが、今回、螺鈿細工体験に参加させていただきました。

会場の“はんぶんこ”には高岡駅から徒歩で向かいました。

高岡市自体はそんなに土地勘がないため、ある意味、プチ探険かのように足取り軽く街ブラをしていたのですが、この街はとても魅力的で、道中、お店の字体から怪しいレトロ感たっぷりの喫茶店や、きっと客層が限られているであろうと思われる個人の婦人服屋や電気屋さんなどを見つけ、“昭和”な感じが大好きな私のテンションは上がりまくりました。

“何だか出だしがいい!”と。

螺鈿細工に関しては、ただただ青貝の切り取り作業に夢中で、「ああ、この集中力が仕事でも欲しい!」とか、人のデザインが気になって、すぐ自分の物と見比べ、「ああ、なぜ私はこんなにもセンスがないものだろうか。もっと事前にデザインを練ってこればよかった!」など、そんな思いがただただ駆けめぐっていたのが印象的です。

まだ最終的に出来上がったものを手にしていませんが、自分の作品がどうなっているか、怖くもあり楽しみです。できれば、一緒につくっていた皆さんの作品も見てみたいなあなんて思います。特に私がデザインを盗み見していた両隣の方たちは、とてもステキなデザインで作製されていたので。

体験が終わり、皆さんと近くにあるカフェでお茶をしました。今回のような時間は、私にとってはある意味、異業種交流のようなところもあるなと感じます。こんなふうに皆さんとご縁があって、ともに体験をしたり、いろんな話をしたり、自分にとって有意義な時間を過ごさせてもらったこと、また温かく迎え入れてくださったことに感謝しています。

やはり“始めの予感よければ全てよし!”だったという感じです。

またこのような機会があって再び皆さんにお会いすることがありましたら、どうぞどうぞよろしくお願いいたします。

東海北陸ブロック前期会議に参加しました

6月25日に名古屋で行われた女性委員会の東海北陸ブロック前期会議に参加しました。

東海北陸6県から集まった各県の委員長やブロック委員とオブザーバーでの会議の後、見学先の名古屋テレビ塔に移動し、普段は見られない裏方や、貴重な手動のエレベーターで展望台に上がり、名古屋の景色を眺めました。

東京タワーよりも早く建てられた名古屋テレビ塔は、赤白でなく、かっこいいグレーの建築で、足元にはおしゃれなカフェも入っていたり、周囲は緑にあふれていました。これからも人々に愛されるテレビ塔を目指して、日々色々な工夫と取り組みをしていかれるそうです。

IMG_2975IMG_2977IMG_2980IMG_2982

平成28年度活動報告会と伝統工芸体験

5月21日(土)に女性委員会の平成28年度活動報告会と伝統工芸体験を行いました。

高岡市土蔵造りのまち資料館で活動報告会を行い、そのあと、「HAN BUN KO はんぶんこ」に移動し、代表の東海さんにショップ設立の経緯やものづくりに対する想いをお話していただいた後、2グループに別れて、錫のぐい飲み作り体験と螺鈿細工体験を行いました。

初めての経験に参加された方々は楽しみながらも真剣そのもので、あっという間に時間が過ぎました。

個人的には、観光でいらした方にはぜひ体験していただきたいと思いました。楽しんでいただけること間違いなしです。

IMG_2753IMG_2755 IMG_2760 IMG_2766

 

活動報告会・30周年記念事業が行われました

7月5日 県民会館にて平成27年度活動報告会・30周年記念事業(講演会・懇親会)が行われました。

第1部が午後4時からスタートし、第3部懇親会終了が午後9時30分という長丁場でした。

ご案内の通り、部分参加可能で、記念講演会 トーク&セッションでは55名という予定人数を超える盛況ぶりでした。

詳細を報告します!

第一部は活動報告会でした。

来賓の今村副会長にお言葉を頂きました。女性部会発足前にご尽力いただき、30周年を迎えた女性委員会活動報告会にご出席いただき、感慨深い気持ちになりました。

続いて、中村直前委員長から昨年度の事業報告

活動報告会1

次に、山中さんから素材の研究「越中和紙」の発表

素材の研究報告

最後に、今年度役員紹介並びに事業計画・予算報告を行いました。

今年度テーマは「つながる・つなげる」です。

このテーマで始まる今年度初の事業 30周年記念講演会が第2部で行われました。

デザインと空き家の活用をつなげた講演会 「ゲストハウス d room TOYAMAをつくろう」です。

ナガオカケンメイ氏

県民会館1階で d&department TOYAMA を経営されているデザイン活動家 ナガオカケンメイ氏を講師にお迎えし、これまでのデザイン活動のお話と今後計画しているゲストハウスと空き家対策も見据えて、建築に係る会員はじめ、学生、一般の方々とともにセッションしました。

トーク&セッション

第3部は歴代部会長・委員長をお迎えした30周年記念懇親会です。

中野会長より祝辞を頂きました。

中野会長祝辞 (800x533)

第2部講師のナガオカケンメイ様にも、短い時間ではありましたがお付き合いいただきました。

歴代会長秘話

歴代会長がほぼ揃われるということはなかなかないことで、スクリーンに映し出された写真を見ながら、おひとりづつ当時の懐かしい話をしていただきました。

林副会長挨拶 (800x549)

当初終了予定時刻の9時を超え、閉会のご挨拶を林副委員長よりいただきました。青年部会長当時の女性部会のお話では会場がどっと盛り上がりました。

現役員は続けることの大事さと活動に対するエネルギーを頂き、有意義な時間を過ごさせていただきました。