平成30年度東海北陸ブロック亀山大会

■開催日時:2月23日(土)・24日(日)

■開催場所:三重県亀山市 亀山文化会館周辺 見学会:関宿・関中学校周辺

■大会テーマ:まちなみ・保存と活用~三つの「繋がり」が重なる三重~

 青空の下、とても清々しい気持ちでボランティアガイドさんや女性委員会に解説して頂きながら関宿の街並みの散策をしました。

道幅や周囲の建物、そして電柱がない街並みがとても良い雰囲気でした。また季節柄、お雛さまを飾っておられる建物もあり、タイムスリップしたような気持ちになる街並みでした。見学させて頂いた建物では、住まわれている方が直々にそれぞれの思いを語って下さり、関宿に住まわれている方々のあつい思いを感じました。

 また、亀山市立関中学校の見学では、地元の杉材や県産材の杉集成材、国産唐松集成材を使用したダイナミックな内部空間と、山並の背景にとけ込むような外観がとても印象的でした。

見学会の後の分科会では、NPO法人亀山文化資産研究会会長 中浦豊子氏による講演会が行なわれ、歴史的建造物を継続して保存・活用していくための取組みなどをお話して頂きました。

関宿でも、建物の解体寸前で所有者さんの理解を得る事ができ、建物を保存活用までに至ったお話や、関宿の伝統的建造物の主な仕様の特徴をデザインカタログとして作成されたお話、「お城で七五三の写真を撮ろう」や町屋保存修理工事現場見学会等を通して、一般の方にも広く伝統的建造物に興味を持ってもらうための取組みをされているお話は、とても興味深かったです。また、そんな取組の結果が関宿の街並みのすばらしさや住む人達のあつい思いに繋がっているんだと感じました。

その他、懇親会、座談会、2日目の後期ブロック会議と閉会式などなど・・・三重県建築士会の方々の温かいおもてなしのおかげで、沢山の方々と交流でき学ぶ事の多い2日間でした。

研修会「空き家等からの用途変更における消防法及び建築基準法の適用を学ぶ」

IMG_0526

日時:平成30年11月12日(月)14:00~16:40

会場:富山県総合情報センター

空き家等活用に関する研修会が二部構成で行われました。
受講者数は会員外を含め36名と、予定していた定員数を超える参加がありました。

DSC_0109e

DSC_0112e
第一部は消防法の視点から用途変更に伴う留意点がテーマです。講師は富山市消防局予防課の五十嵐氏。
複数の用途が混在する場合等の難解事例についてもわかりやすく図解説明して頂きました。
また近年の火災事例では平成28年12月に発生した糸魚川市の市街地火災をかなり詳細な点まで紹介頂きました。

IMG_0485

 

第二部は建築基準法の法改正が主なテーマ。
講師は富山県土木部建築住宅課の松本氏。
配付資料のボリュームに驚きです。

 

 

IMG_0528

 

中でも資料「民泊に関する相談フロー」が好評。これは助かります!!
相談窓口がどの行政か無駄には迷わずに済みそう。

 

 

各講師からは実務に即した講義を行って頂き、受講者はかなり意欲的に聴講している様子が伺えました。
受講者からは「今回の研修会は学べる機会が少ない内容だったので大変勉強になった。」、「事前相談は大事だがおおまかに理解できたので、業務に活用出来ると感じた」等多くの所感を頂き充実した研修会となりました。

リノベーション事例見学会&講演会

1リノベーション事例見学会&講演会平成30年9月24日(月・祝日)晴天の中、山川智嗣氏、山川さつき氏を講師にお招きし、南砺市井波のやえもんやさんで「建物を魅力的に生まれ変わらせるリノベーションの技術・アイデアを実例より学ぶ」をコンセプトとして講演会が行われました。参加者17名のうち会員外のかたの出席も多く、山川氏の事例に対する興味の多さも感じることができました。公演後の質問も多く、職人の町井波で行われているリノベーション事業、宿泊、観光を総合的にプロデュースしている手腕や発想にも驚き、これからの展開も楽しみであります。

公演後は宿泊施設「BED AND CRAFT]を見学させていただき実際のリノベーションを見せていただき、充実した一日となりました。

2リノベーション事例見学会&講演会 3リノベーション事例見学会&講演会 リノベーション事例見学会&講演会

建築士会東海北陸ブロック会女性建築士協議会 平成30年度前期定例(富山)会議

開催日:平成30年6月23日(土)13:00〜15:30

開催場所:ボルファートとやま 9階称名の間

参加人数:38名 来賓1名 (三重4名 福井5名 愛知4名 石川5名 岐阜3名 富山17名)

 

■会議

東海北陸ブロック各県から38名が参加し会議が行われました。報告事項に続き、審議事項・協議事項では活発な意見交換も行われ、また時間内にすべての審議を行う事ができ有意義な会議となりました。

IMG_3737IMG_3746

■見学会(富山県美術館)

富山県美術館施設管理課の高柳氏、富山県土木部営繕課の稲田氏から建物のコンセプトや施設管理等の説明を頂き、展示スペースだけでなく、空調スペース等も見学させて頂き、またコレクション展、企画展も観覧し、盛りだくさんの見学会となりました。

 

IMG_3867DSC_0079IMG_3862e

 

茶室を学ぶー若葉の茶会

開催日:平成30年5月3日(木・祝)14:00~19:00

開催場所:富山市本丸亭

活動報告会に引き続き、「茶室を学ぶー若葉の茶会」が行われました。

まずは、富山城を借景とした庭に面した広間で、香煎(香りのついた白湯)をいただきながら、本丸亭が富山市城址公園内に移築整備された経緯や、茶道のマナーなどについて二人の講師の方のお話を聞きし、茶室や茶道の基本を学びました。

つぎに、少人数の3つのグループに分かれて、明治初期建築の「碌々亭」での茶会体験と隣接する佐藤美術館内の茶室見学(解説つき)が行なわれました。茶会体験では、なかなか経験する機会の少ない、伝統的な形式の小間(4畳半以下の小さな茶室)での茶会を体験することができました。編笠(あみがさ)を被り、下駄を履き、露地(庭)に出て、腰掛け待合でしばらく休憩。茶室の準備が整ったという合図の銅鑼(どら)の音を聞き、蹲(つくばい)で手と口を清めてから、身をかがめながら躙口(にじりぐち)より、茶室に入り、美味しい抹茶と若葉をかたどったお菓子を味わいました。掛け軸、花、たくさんのお茶道具、お抹茶、お菓子、着物…全てがこの日のために、入念にコーディネイトされ、茶室空間の素晴らしさや茶道の魅力を五感で感じ取ることができました。IMG_0193 茶会2 茶会4 IMG_0377 LINE_P20180509_11191455

ガイド役のお茶びと、加藤則子さんにやさしく丁寧に解説していただき、茶道は初めてという方も、終始笑顔で楽しんでいらっしゃいました。また、茶道経験者の方も、「お茶会を楽しいと感じたのは初めて!」と喜んでいらっしゃいました。

茶会終了後は、再び広間に集まり、軽食を取りながら、自分でお茶を点ててみたり、和やかな雰囲気の中で参加者同士の交流を深めました。