◆かぐてんぼう隊とやま 2016◆

昨年結成した「かぐてんぼう隊とやま」、防災週間(8月30日~9月5日)に併せて今年も活動を行いました。
今年は、お揃いの黄色いベストを着用し8月30日の活動初日には隊員13名が集結し、活動をスタートしました。
富山市内中心部の「総曲輪地区自主防災会」にご協力を頂き、かぐてんぼう隊リーフレット2016を地域の高齢者宅に配布し、希望される方を募りました。
第一回:8月30日(火)、第二回:9月11日(日)の2回に分けて家具転倒防止活動を実施しました。

※かぐてんぼう隊とやまの“かぐてんぼう”とは、家具の略です。

◇2016年8月30日(火曜日) 固定活動1日目
・出発式の模様

・固定作業の模様

〇第1班

RC造マンション 戸境壁(隣家との共有壁)の為、固定の為のビスや金物が壁に取付出来ない事が判明。
角材を加工し化粧ベニヤを貼った材料を家具の天板と梁型の間に嵌め込む事で強固に固定した。

〇第2班

木造 書棚をL型金物を用いて壁面と天板両サイドを固定。
下地はコンパネの為、そのまま固定可能だった。

30日の活動を受け、翌日の新聞に掲載。

他、北日本新聞にも掲載頂きました。 北日本新聞ニュースへのリンク

◇2016年9月11日(日曜日) 固定活動2日目
〇第1班

RC造 食器棚をL型金物を用いて壁面と天板両サイドを固定。
削孔の際に出る粉塵対策(養生)をしっかりと行った。

〇第2班

RC造 総曲輪公民館のスチール製書棚の固定作業。
L型金物を用いて壁面と天板両サイドを固定及び上下をアルミ製短冊金物にて連結し転倒対策とした。
書棚は薄鉄板の為、天板上をコンパネで厚みを加え補強した。

〇第3班

木造 リビングの食器棚3台と寝室の書棚1台の固定作業。
食器棚は背中合わせで配置され、食堂との間仕切りを兼ねていた。
固定可能な壁面は短辺方向にのみ。
壁面の下地は竪胴縁(@455)しか無かったため、先ず食器棚全てを連結した。
転倒防止対策として、面で耐えることを考慮し、鋼板をL型加工した金物を使用(t1.0、L350)し、
食器棚側面天板全体で固定した。反対側は天井からの突っ張り材を用いる事とした。
又、寝室の書棚は壁面がコンパネ下地だったため、天板両サイドをL型金物で固定した。

〇報告会

固定作業を終えた後、各班から作業の報告会を実施しました。
苦労した点や、工夫した事などを報告し、次回からの活動に役立てる事としました。
最後に、総曲輪地区自主防災会の田辺副会長よりご挨拶を頂き、今年の活動は終了しました。

◆2回目の活動となったかぐてんぼう隊とやまの活動を今年も無事に終えることが出来ました。
8月30日の第1回目の活動の様子をニュースで見た山田地区の高齢者の方からお問い合わせがあり、
対象の地域(富山市中心部)ではありませんでしたが、同じ富山市という事もあり、婦負支部の協力を頂き転倒防止作業を実施しました。
もともと、来年からは地域を広げて活動する事も視野に入れておりましたので、他支部との連携も含め、今後の活動の広がりが期待できる足掛かりとなりました。
富山支部ではかぐてんぼう隊とやまの活動を通じて、災害に強いまちづくりの一助になることを期待し、来年も継続してこの活動を実施いたします。

無題

富樫吉規

平成28年度 富山支部全体会・講演会・交流会

 

2015年5月14日(土)16:00より第46回富山支部全体会及び富山建築クラブ総会並びに記念講演会を富山オーバードホールにて開催しました。

resize0092当日の配布資料(議案書等)はこちら↓↓↓↓
H28建築士会富山支部全体会・建築クラブ議案書

山本幹史支部長よりご挨拶。

 

 

resize0094

ご来賓の中野健司建築士会長よりご挨拶。

 

 

 

 

この後、議事に移り、順調に審議は進みます。

resize0095
山本支部長より西野晴仁新支部長へバトンタッチ。
富山支部は新しい体制でスタートしました。

山本様、4年間お疲れ様でした。

 

 

全ての議案について審議は無事終了し、富山建築クラブの総会も無事終了しました。

resize0090
会場では熊本地震義援金募金箱を設置し、
皆様からの志をお預かりしました。
ありがとうございました。
義援金は熊本県建築士会へ送らせて頂きます。

今年度も継続して実施予定の「かぐてんぼう隊」事業で使用する
金具等の展示も行いました。

 

 

 

富山支部の平成28年度事業方針として、
「支部事業の原点 地域支援活動 実践」
安全・安心な地域づくりのための効果的な建築士会活動として、
減災を軸とした地域支援活動を実践活動として行う。

事を掲げております。
「かぐてんぼう隊」事業を軸として、今後も積極的に地域支援活動に取り組んでいきたいと思います。

 

・全体会に引き続き、記念講演会を開催しました。
富山大学芸術文化学部教授、上原雄史先生を講師にお招きしました。
講演会パンフレット
resize0097
「逆立ち建築 インターナショナル対地方」

過去の海外や日本国内での活動並びに、
現在の富大における講義内容、
今後の展望について幅広く講演頂きました。
上原先生ありがとうございました。

 

・講演会終了後、富山自遊館に場所を移し交流会を開催。
resize0098resize0099

建築士事務所協会、堂田会長よりご挨拶を頂きました。

講演頂いた上原先生を囲み講演会では聞けなかったお話にも盛り上がってました。

富山支部会員相互の交流を大いに深めることが出来ました。

 

 

 

 

富山支部
富樫吉規

会員訪問事業 富源商事㈱鉄鋼二次加工センター見学会

3月19日(土)14:00~ 平成27年度 富山支部賛助会員訪問事業として、
今回は高岡市の富源商事㈱本社鉄鋼二次加工センター見学会を企画しました。
建築士会会員及び一般の方も含め19名の方の参加を頂きました。

IMG_1142

 

富山支部 山本支部長よりご挨拶。

 

 

 

 

IMG_1145

 

富源商事㈱ 松永社長よりご挨拶。

 

 

 

 

12821334_645653628909345_2934453521820254379_n
最初に、
金属屋根の歴史、鋼板のめっき技術の進化、
鋼板製品のメンテナンスについて学びました。

富源商事鉄鋼二次加工センター

富源商事鉄鋼二次加工センター

いよいよ、鉄鋼二次加工センターに移動し、工場見学の開始です。
まず、薄板材(0.4㎜以下)を用いた角波・立平の成型過程の見学から。
アンコイラ
アンコイラーという機械にコイルを掛け、
切断機を使って長さ及び巾切りの
加工を行います。

 

 

 

1935633_1028531357221102_3302795743933205789_n

 

切断された材料を成型機に入れ、
機械の中にあるコマを通ることで
少しずつ形になっていきます。
「ロールフォーミング加工」

 

IMG_1156
角波材に加工
IMG_1159立平材に加工

次に厚板材(0.6㎜以上)を用いた「折板材」への加工状況の見学です。
10302018_645653715576003_3412718381651193123_n

 

 

 

 

アンコイラーにセットされた鉄板と裏張り材を機械にかけて
接着し貼り合わせます。

IMG_1167

鋼板と裏張り材を貼り合わせ、折板の成型機に通します。
IMG_1168

貼り合わされた材料が成型機を通って出てきます。
10154019_645653738909334_6541722652641459658_n

裏張り材付き折板の成型完了です。
IMG_1171・普段は、工場から出荷され板金屋さんの手で施工される前か、施工完了した状態で見る事が多い
鋼板製品ですが、今回の見学で、鋼板からのロールフォーミング成型加工を経て、
出荷されるまでの過程を見る事により鋼板製品に対する理解が深まったと思います。
本見学会を開催するににあたり、ご協力いただいた皆様に厚くお礼申し上げます。

来年度も、賛助会員の協力により訪問事業を継続して実施する予定です。
皆様のご参加をお待ちしております。

(Y.T)

 

平成27年富山支部研修見学会

「金沢の現代建築・100万石の庭園を見学+加賀料理を味わう半日」

平成27年10月30日(金)『富山支部県外研修見学会を、建築士会全国大会に合わせ、北陸新幹線の開通で、国内外より多くの観光客が押し寄せている金沢へ。

今回は、「金沢の現代建築・100万石の庭園を見学+加賀料理を味わう半日」をテーマに、五感フル活用の見学会を行いました。尚、今回の見学会には、砺波支部の皆さんもご参加いただき、富山支部(12名参加)と砺波支部(15名参加)計27名の合同見学会となりました。
また、今回は午後からの全国大会参加に合わせての、少しあわただしいスケジュールの中、現代建築見学は2011年に開館の「金沢海みらい図書館」(シーラカンスK&H(株)設計監理)中部建築賞入賞  イメージ ギャラリー(国際インテリアデザイン協会)・2015年日本建築学会作品選奨受賞等数々の賞を受賞した図書館の見学に、
その後、金沢市指定文化財の「辻家庭園」へ。今まで一般公開されてなく、2013年12月に新たに、結婚式場を併設して、初めて公開された庭園、建物で、今回特別に辻家当主が案内していただけました。ここの作庭は椿山荘等などの作庭師7代目、小川治兵衛が行い、富士の溶岩で積まれた大滝や渓谷を模した地形を成す部分は作庭当時からの姿のままで、高さ5.5mの大滝は、富士の溶岩を鉄筋コンクリート造で固めた崩れ石積の手法で造られており、近代以降の新技術を用いた初期の秀作事例として極めて貴重なものだそうです。この庭が英国風自然庭園であること、金沢の文化が受け継がれてきているのは、ひとえに横山家があったからだ等、意外な金沢の文化継承を知ることができました。「辻家庭園」内の結婚式場
「辻家庭園」内の結婚式場辻家庭園(国指定登録有形文化財)
辻家庭園(国指定登録有形文化財

その後、江戸期の西田家庭園「玉泉園」にて、昼食加賀懐石料理を庭をめでながら、今回ご参加下さった砺波支部の方々との交流会もかね、皆さん食も(酒も)話も弾んで楽しんでいただけたようです。
(小泉 美江子)