井波美術館と八日町通り研修会・見学会

平成31年3月23日(土)よいとこ井波にて井波美術館と八日町通り研修会・見学会を開催致しました。  ある新聞の井波美術館の解体記事を受けてこの事業を企画。歴史まちづくり部会と新建築家技術者集団の多大な協力を得て無事開催することが出来ました。研修会では島田優平氏(井波日本遺産推進協議会ワーキンググループ座長)と藤井一彦氏(NPO法人心泉いなみ監事)より、井波町の成り立ちなど歴史から見た井波美術館とそれを残す重要性について学びました。井波にかつてお城があったこと、銀行も多くかなり繁栄していたことなど興味深く話をうかがいましたが、何よりお二人の井波に対する思い入れの強さが印象的です。その後は井波美術館と八日町通りを見学。井波美術館は八日町通りの要所に位置し、建築的にもモダンで使い方次第ではもっともっと町全体の良さを引き出すシンボルとなるように思われます。今回の事業はあくまで保存活用に向けたスタートに過ぎず、住民運動をおこすこと、資金の問題などまだまだ課題は山積。一方で南砺市が解体を一旦延期して住民へ耳を傾けてくれていることも大変評価でき、良い関係を築いていると言えます。これからが大変ですが、どのような形になっても納得できる結果となるよう砺波支部も協力していきたいと考えています。

一泊研修旅行長野

平成31年3月16日(土)~17日(日)の2日間、砺波支部主催の一泊研修旅行長野へ行って参りました。久しぶりの一泊研修旅行は、隈研吾さん・内藤廣さんなど富山に縁のある設計者による長野県内の建築を中心に、松本城や小布施の街並みなどを視察して参りました。

参加者は年度末とあって砺波支部が6名と少なく、思い切ってバスを取り止め、レンタカーによる旅としました。また、砺波建築高等職業訓練校の職員生徒6名が卒業旅行を兼ねて参加下さったこともあり、普段とは少し異なる空気感で、かつとても和やかな雰囲気で旅を進めました。

視察施設は以下の通りです。①安曇野ちひろ美術館(内藤廣1997)②国宝松本城、③まつもと市民芸術館(伊東豊雄2004)④渋温泉 ⑤安藤百福記念自然体験活動指導者養成センター(隈研吾2010)⑥小布施の街並み ⑦飯山市文化交流館なちゅら(隈研吾2016)

安曇野ちひろ美術館は今でも綺麗に使われておりました。私たちが入館したあとはやはり次々と入館者が。松本城は無料ボランティアさんをお願いし、難攻不落であった理由や経済とお城との関係など興味深くうかがいました。まつもと市民芸術館ではホールからバックヤードまでご案内頂きました。24万人都市で130億のコストをかけ、しかも街なかに拘った設計となっています。当日のイベントも凄い人。稼働率が90%とのこと。渋温泉では千と千尋の神隠しのモデルとなった旅館を楽しみにしていたのですが、それ以上に何カ所もある外湯が印象的。近隣住民が生活のために外湯をつくり使用しているものを温泉客に開放しているというものです。安藤百福の指導者養成センターは素敵な施設なのですが映画撮影の最中で邪魔にならないように視察。一日目の昼食は大王わざび農場でわざびの栽培を見ながらわさびづくし、二日目の昼食は小布施の栗おこわに舌鼓です。最後になちゅらを見てああだこうだと賛否両論な話が広がりました。

視察建物の掲載された建築雑誌などを見て視察を行い、実際の空間との感じ方の違いなど感じる所も多くあり沢山話をしました。また、小布施のように修景された街並みと渋温泉のように2間ほどしかない通りで温かみのある街並み・・・それぞれが観光地でありながら生活に根差しており刺激を受けました(朝は歩いているだけで濡れタオルが凍りましたが)。近年はネットでおおよそのことはその場に行かずとも判りますが、やはりその場に行って感じる感覚は違います。そんな当たり前のことが出来ていない自分に気付きます。

今回の旅を終え、ゆっくりと酒を酌み交わし、笑いながら、寝るまで建築について、そして人生について話をする時間は何歳になっても大切なものだと改めて感じます。80歳を超えられた加藤さんがスイスイと国宝松本城天守閣の急こう配な階段を登り、小学4年生の時の手りゅう弾を投げる練習の話もとても刺激的。また、企画致しますのでぜひ参加してみてくださいね。

 

新年懇親会2019

平成31年2月2日、草の家にて恒例の新年会を開催致しました。当日は30名弱の参加者となりました。第一部の新春講習会では『近年の建築関連法令の改正』と題して砺波土木センター主任の朝倉隆太氏より講習を頂きました。東京オリンピックを見越した法令改正をはじめ多くの改正があることに驚きます。その後は第二部の懇親会。伝統的に会員同士仲の良い砺波支部らしく30代から70代まで(いつもは80代もお越しくださいますが)幅広い年齢層で懇親を深めました。初めて参加くださった若者?もちらほら。もっと多くの会員(会員外も)が笑顔で集まる支部とすることを目標に一年間活動して参りたいと思います。

となみ野住まいネット大交流会を開催致しました!

さる、11月17日(土)砺波市のダイニングバーMERRY’S CLUBにて『となみ野住まいネット大交流会』を開催。多種多様な住まいに関わる人々がお互いにコミュニケーションをとって仕事が出来たらより良いとなみ野になるとの趣旨での大交流会です。参加者は老若男女・士会員にとどまらず多岐に渡りました。今回は医療や福祉の関係者までの参加は叶わなかったですが、盛り上がりは素晴らしく、次年度にVo.2を開催したいと思っております。懇親会に先駆け、プチ講演会を開催。まち活かなざわ事務局長 奥村彰敏氏より『繋がりが地域の可能性を紡ぎ出す』と題して多業種ネットワークの重要性を学びました。これをきっかけに沢山の結びつきができ、大きな輪になっていけばと願っています。今回参加出来なかった皆様も次回はぜひご参加下さい。楽しいですよ!

となみ野連続講座①「未来の住宅を知ろう!スマートハウスなう」講習会を開催しました!

さる8月23日(木)、散居村ミュージアム情報館研修室にてとなみ野連続講座①「未来の住宅を知ろう!スマートハウスなう」講習会(富山県建築士事務所協会福野支部共催)を開催致しました。予想を上回る参加を頂き、未来の住宅の方向性について建築士の興味が強いことが判りました。

今回はパナソニック様、YKKAP様を講師に迎え、私たちが思い描く未来の住宅に対して現段階で実現していることを伝えて頂きました。スピーカーに向かって話せば照明やエアコンが付くような未来はまだ来ていませんが、今年度中に実現するようです。また、それにかかる費用もそれほど大きなものではないとのこと。今後はさらにIoTにAIが加味され、AIが学習していくことで、どんどん個人の合わせてバージョンアップされていきます。いずれ各家庭にペッパー君のようなロボットが居て私たちのコンシェルジュとなってくれる日も近いような気がします。

砺波支部で次回、10月12日(金)となみ野連続講座②「となみ野空き家なう!傾向と対策/くるま座意見交換会」講習会を開催する予定です。昨今問題になっている空き家問題について、となみ野3市による講演をいただき、現状と対応策、成功事例について学び、私たち建築士が改修などをするに役立つ情報とします。ぜひ、ご参加くださいませ。詳細はホットライン9月号をご覧ください。

sIMG_2774

 

 

 

 

sIMG_2780