支部長就任ごあいさつ

砺波支部新支部長を拝命致しました水木功と申します。どうぞ宜しくお願い致します。多くの先輩方がいらっしゃるなか誠に僭越ではございますが、自分の出来ることを精一杯活動していきたいと思います。

私の考える砺波支部の長所は幅広い年代が仲良く交流している点にあります。県外建築視察や活動報告会など先輩方が大先輩方を招き、私達若手に自由に活動させてくださる姿を拝見し、砺波支部はファミリーなのだと思うようになりました。新執行部およびコアスタッフは大きく若返ったと言われておりますが、しっかりと次の砺波支部の10年を見越し、先輩を大切に後輩に声をかけ、精一杯盛り上げて参ります。

私たちには一泊研修旅行の復活、各種事業への参加者倍増、他団体との交流、地域貢献活動など多くの案があります。これらをひとつずつカタチにして参ります。

いずれも、キーワードは「繋ぐ」こと。これを見てくださる方々もぜひ砺波支部にご参加下さいますようお願い致します。2年間どうぞ宜しくお願い致します。

平成30年度活動報告会を開催しました

久しぶりのHP更新になりました。

さて、さる平成30年5月25日(土)に砺波支部平成30年度活動報告会を草の家にて開催致しました。当日は21名の参加のもと、昨年の活動および決算報告をさせていただきました。また、本年度は役員改選の時期でもあり、山﨑秀二支部長から前会計の水木功への交代が決定致しました。山崎前支部長におかれましては、支部活動の過渡期に大変な重責だったことと思います。本当にご苦労様でした。

新執行部は次のとおりです。

<支部長>水木功  <副支部長>白井宏嗣 長島修  <会計>野村和則

sIMG_2112 S__66772996

 

第58回建築士会全国大会石川大会に参加して来ました

さる10月30日(金)に第58回建築士会全国大会に参加して参りました。

今回、砺波支部としては富山支部さんのバスツアーに参加するカタチとなり、金沢市内での視察三カ所(金沢海みらい図書館、辻家庭園、玉泉邸)を見学。シーラカンスの設計した現代建築、金沢の文化を支えた前田家老横山氏の庭園、玉潤様式の庭園を望みながらの加賀創作料理はどれも興味深いものでした。

その後、式典に参加。式典は石川県立音楽堂で開催され、オープニングのパイプオルガンの音色に感激。残念ながら式典会場に入れず別会場でモニター鑑賞ではありましたが、充分に厳かな雰囲気を味わえるものになっておりました。

式典終了後、ホテル日航金沢に移動しての大交流会、加藤支部長とっておきのライブハウスでの2次会で会員同士の交流を深めました。やはり、昨年に引き続き砺波支部らしいハプニングもありました。Y田氏の懇親会場に携帯電話置き忘れ事件、ライブハウス開店前到着で公園待ちぼうけ事件、Y﨑氏のモツ屋赤ちょうちん誘惑完敗事件、S井氏の帰ったらカメラ紛失事件。そのほかKB谷氏の初スタバ、S井M木K村のまさか金沢駅吉野家で3次会。これらの詳しいお話は今度皆様とお会いした際に!

今回は日帰りの全国大会となりましたが、知らない金沢を観たようで新鮮な体験となりました。ご参加下さいました支部の宝物加藤田城先輩をはじめ沢山の先輩諸兄、小うるさい当支部をバスに乗せて下さいました山本幹史支部長をはじめとする富山支部の皆様、本当にありがとうございました。

PS:全体写真を撮影するのを忘れてしまいました!また、各所の写真も不足しております。皆様お持ちの写真を分けていただけましたらブログの写真も追加・差替え致しますので、ご協力宜しくお願い致します。

バスのなか海みらい図書館①sIMG_2849sCIMG0481sIMG_2881sIMG_2889

平成27年度 富山県建築士会砺波支部【活動報告会及び新年度懇親会】

 


IMG_0818平成27年 5月23日(土)に【活動報告会及び新年度懇親会】を砺波駅前 色采場(いなば)にて、開催致しました。多数の方に参加いただき賑やな会となりました。

東海北陸ブロックとなみ大会(青年・女性建築士協議会)でのグループワーク【砺波の伝統家屋、この大きな家と敷地をどう活用するか】をテーマに各県の皆さんに提案してもらった作品も、長島実行委員長に報告していただきました。

今年、黄綬褒章を受章された近江吉郎さんより、お言葉をいただきました。ありがとうございます。IMG_0833

今年度の活動報告会も、魅力と活気ある建築士会砺波支部でありました。

講座『建築雑考』ーこれからの建築ー を実施しました

IMGP1915IMGP19123月27日に講座『建築雑考』ーこれからの建築ーのタイトルで当支部 天野一男氏を講師に実施致しました。散居村の話をはじめ、海外視察で見聞されたこと、これまでの仕事を通じて自らの考えをうかがうことが出来ました。天野氏のように自分の考えをカタチにし、周囲に働きかける姿勢は建築士としての本質であり大変刺激を受けます。今回の講座は年度末ギリギリの開催になってしまいましたが、このように先輩方の仕事を含めた人生を通じて考えをうかがう機会をもっと増やしていくことが大切だと思われます。先輩後輩の仲の良い砺波支部らしい講座となりました。

建築雑考

建築雑考