第68回通常総会が開催されました

さる令和元年6月1日(土)富山電気ビルにて第68回通常総会が開催されました。支部輩出の近江吉郎会長の挨拶をはじめ、事業計画・活動方針のなかに会を改善していく強い意志が見えたことが印象的でした。会の財務状況や在り方が問われているなか、良い質問も出て前向きな雰囲気で総会を終えたことを嬉しく思います。

この数年で富山県建築士会は大きく変わらなくてはなりません。どうせ変わるのであれば良い方向に、会員が望む方向に、建築士のあるべき方向に進むことを強く望んでいます。

また、今回で当支部会員の土倉範行専務が退任となりました。事務局長3年間と専務理事3年間の計6年間大変なご苦労だったと思います。ごくろうさまでした。今後、一会員として一緒に活動していくことを楽しみにしています。ひとまずはお疲れさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です