お菓子の家プロジェクト

9月1日(日)には、富山市総曲輪グランドプラザにて開催された

「第2回 富山の職人祭り」に建築士会としてブース出展をしました。

 

 

「お菓子の家を設計してもらおう」というタイトルで、

子供たちに、屋根・ドア・壁・装飾を選んでもらって

出来たお菓子の家のモデルを見てもらったり、

BIMで作ったお菓子の家のVRを体験してもらったりしました。

 

 

 

自分で選んで、自分の名前の入ったお菓子の家を見て、

喜んでくれる子供たちの笑顔を見て、主催側も一安心。

 

 

 

VR体験では、子供たちはもちろん、

一緒に体験された親御さんも初めてのVRで驚かれる方が多く、

参加された方皆さんに、大変満足頂けた企画になったと思います。

 

  

 

参加頂いた方には、作成したデータをご家庭でもご覧いただけるよう、

お土産にVRカメラをお持ち帰り頂きました。

 

 

 

また今回はイベントのために、実際のお菓子の家も作ってしまいました。

建築士が作るの本気のお菓子の家!!ブースに来た子供たちは大喜びでした。

 

  

 

このイベントの目的としては、大きく2つあります。

①子供に向けて

②建築士に向けて

 

①子供たちが集まるイベントに出展し、実際に体験してもらうことで、

建築に興味を持ってもらい、将来建築の道に進みたいと思う子供を増やすこと。

②建築士がイベントを通じて、BIMに振れる機会を作り、また良さを感じてもらうことで、

BIMの普及を促進すること。

 

7月18日(木)には、「建築BIM(ARCHICAD22)体験会」が開催され、

イベントでの操作方法を学び、本番お迎えるという2本立てで行いました。

→「建築BIM(ARCHICAD22)体験会」の様子は、こちら

 

 

これからも”わくわく“する企画を沢山計画していきます!

富山県建築士会青年委員会にご興味のある方は、

是非ご連絡ください。

 

※作成したお菓子の家は、イベント後の打ち上げで美味しく頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です