平成22年度 基礎作業・塗装作業(同朋幼稚園)

10月3日(日)、同朋幼稚園の基礎作業・塗装作業を行いました。
雨の予報も出ていましたが、朝はスッキリと晴れていました♪
実行委員は基礎班と塗装班に分かれて作業を行いました。
基礎班では、丁張り、地盤面の掘削、沓石(くついし)の配置という作業を行います。
まさに建物の基礎となる作業で、これがきちんとしていないと、建物が
斜めになってしまいますからね。
塗装班は、園児と保護者の方たちの塗装作業を手伝いました。
小澤さんが心をこめて刻んでくれた材料を長持ちさせるため、
組み立てる前にみんなで塗装を行います。
これはどこの部材だろう?なんて考えながら塗っていると楽しいんですよね♪
■基礎作業風景
IMG_3922.jpg
丁張り(遣り方)の様子。基準となる高さを定めます。
IMG_3923.jpg
掘削の深さを割り出したら、ひたすら掘るべし掘るべし!
手掘りで総掘り。腰と腕が痛いです・・・
IMG_3925.jpg
掘削が終わると沓石を並べていきます。
小澤さんが描いた板図を見て沓石に付いている金物の方向をチェックしながら
並べていきます。
IMG_3927.jpg
ひとつひとつのレベル・水平を見ながら並べていくのは、
見た目以上に手間がかかる作業なんです
IMG_3929.jpg
通り雨にぬれながらも無事完了。
基礎班のみなさん、ご苦労様でした!
■塗装作業風景
5F52.jpg
全体の作業風景。
こんな感じでみなさん和気藹々と作業されていました。
5BE7.jpg
この大きな材料は通し柱ですね。
62BE.jpg
例の穴あき板を塗ってくれています♪
ちょっとネタバレになってしまうのが残念
6108.jpg
このハシゴのような材料はどこに使うんでしょうか?
お楽しみに~
このように本物の木に触れると、木の表面が割れていたり、節があることに気づき、
それは欠陥ではなく、ごく自然なことだということを学びます。
子供の時から「本物」に触れることはとても大切なことです!
先生方・園児たち・保護者の方たちの手際のよい作業のおかげで、
作業はすべて予定通り午前中で終了。
参加された皆様、本当にお疲れ様でした!
あとは建て方を楽しみに待ちましょう・・・。
荒井

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。