平成22年度 第7回正副部会長会議

10月6日(水)、第7回正副部会長会議が行われました。
この日は久々に監事の大橋さんが出席して下さいました♪
差し入れまでいただきまして、ありがとうございました
IMG_3931.jpg
IMG_3932.jpg
主な議題は、
①県産材こどもの城づくり事業
②屋根通気防水下地材研修
③新規研修事業
④ブロック事業

でした。
①小澤実行委員長より、「県産材こどもの城づくり事業」に関して、
 塗装作業の報告があり、また建て方作業と中間検査について
 打合せを行いました。
いよいよ今週末に建て方作業が行われます。
 この事業において一番盛り上がりをみせる部分ですので、とても楽しみです!
②9月8日に行われた「屋根通気防水下地材研修」の2段階目である施工実演が
 10月10日(日)のこどもの城の建て方に合せて行われますので、
 材料準備と解説員手配の確認を行いました。
 また報告書の作成について小山さんより指示がありました。
③野村副部会長より新規研修事業について、事業計画の経過報告がありました。
 着々と準備を進めておりますので、お楽しみに!
④東海北陸ブロック事業として、平成23年度建築士の日に一斉統一イベントを行う旨の
連絡が運営委員長の尾関さんよりあったことが小山部会長より報告されました。
 まずはそのイベントのテーマを探す作業が急がれます。
 「学生×青年建築士×住育=地域連携」に観点をおくとのこと。
 各イベントへの視察のための予算も組まれているので、何とか
 魅力的なイベントにしたいものですね。
会議の最後の方では、県産材こどもの城づくり事業のマニュアルづくりに話しが及び、
意義を理解しつつもその難しさに一同でウーンと唸っていました(笑)
しかし、何かしらのカタチにするべきなのでしょうから、まずはたたき台になるものの
作成が必要なようです・・・。
というところで会議は終了。
大橋さん、遅い時間までお付き合いいただき、ありがとうございました!
出席されたみなさんお疲れ様でした。
荒井

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。